逆輸入の腕時計。かつて昔はカメラ、時計、ラジオは日本と言われた

| コメント(0) | トラックバック(0)
日本の製品が優れているのは私が生まれて間もない頃から、合い言葉のように「カメラ、時計、ラジオ」は日本製が世界で一番!といわれてきた。だから、わざわざ外国の高い物を身に付けなくてもいいのである。私も例外なく、高校になって始めて購入した腕時計は、県庁の売店で両親が選ばせてくれたが、値段は安かったけど日本製で中身はいい品であった。だからすごく良くてお気に入りだった。今県庁の売店はなくなった。私的には腕時計は高校生からは持たせた方がいいと思う。今、携帯が電話代わりという人が多いけど、学生がいちいちポケットから出しては見なくても、安い時計でも腕についていた方がいい。日本のは安くてもいい!そしてその方が絶対便利!時をいつもいつも同じくして過ごしてくれ、肌身はなさず側にいてくれる腕時計は、後で思い出にもなるのである。あの頃は、こんな腕時計だった、この頃はこんな腕時計だった、そしてその後次は全然違う腕時計で...と それぞれが一つ一つ思い出になるのである。人生の節目節目でも時を刻んでいる。ただ、つけているだけじゃない気がする。こと、腕時計に関しては...全部覚えているから...今頃は逆輸入が主流なのか、インターネットで人気の商品を探して見ると、腕時計は逆輸入の方が普通に買うより安く手に入る。最近の海外への工場移転で日本の工場があっちなので、そうなっているのである。外国から買った方が安いなんてとても複雑な気持ちになります。
腕時計を探しているなら、こちらのSHOPがオススメです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreamwaternavi.com/mt/mt-tb.cgi/28

コメントする

このブログ記事について

このページは、roomtokiwaが2014年2月 3日 19:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一緒に時を刻んだ思い出の時計たち」です。

次のブログ記事は「私の人生を見てきた、大切な大切な腕時計」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。